こちら葛飾区亀有公園前派出所(こち亀) | アニメ 紹介 【Anime Holy Place】

こち亀

[こち亀とは?] 

こちら葛飾区亀有公園前派出所は、秋本治による日本の漫画。

週刊少年ジャンプにおいて1976年から2016年まで連載された。

通称及び公式略称は「こち亀」。

全200巻というのは当時の日本記録である。

こちら葛飾区亀有公園前派出所 200 (ジャンプコミックス) [ 秋本 治 ]

価格:770円
(2020/2/10 13:52時点)

【漫画】【中古】こちら葛飾区亀有公園前派出所 <1~200巻完結> 秋本治 【全巻セット】

価格:27,100円
(2020/2/10 13:52時点)

[こち亀 アニメ] 

1996年6月16日から2004年12月19日まで、毎週日曜日の19:00から19:30(JST)にフジテレビで放送されました。

TVでのSP番組を除くエピソードの総数は344です。 

[こち亀「アニメ」と「コミック」の違い] 

アニメでは多くの点が原作から変更されており、特に暴力シーンや暴言などの過激なシーンはカットされるか、大幅に差し替えられている。

また、両津の性格も原作と比べ穏やかとなり、警官として真面目に仕事をする場面が強調されていたり、子供に優しく接するシーンも多い。

原作初期の頃の中川と麗子も両津並みにハチャメチャだったが、アニメでは当初からまともな性格となっている 。

原作において実物のアニメやゲームなどを扱った話は著作権の関係でアニメ化されず、実在の物や時事について登場人物がうんちくを語る場面は原作と比べて極めて少ない。

原作同様、両津が悲惨な目に遭うオチが多いが、原作と違って両津が「○○なんて大嫌いだ」、「もう○○なんて懲り懲りだ」と最後に言って終わることが多々あった。

また大原がオチに関わる時は、原作のように過激なお仕置きをしたり両津の悪事後に武装して派出所に乗り込んだりすることは少なく、最後に両津を追い掛け回すか穏やかに叱ることが大半だった。

また、原作を再現した場面も両津以外は違う人物に変えてあることが多々あった。

[ストーリー] 

警察官である両津勘吉と彼の同僚や周辺の人物が繰り広げる日常を描いた物語。

[キャラクター] 

[葛飾区亀有公園前派出所] 

両津勘吉(りょうつ かんきち)

中川圭一(なかがわ けいいち)

秋本・カトリーヌ・麗子(あきもと・カトリーヌ・れいこ)

大原大次郎(おおはら だいじろう)

麻里愛(あさと あい)

寺井 洋一(てらい よういち)→丸井ヤング館(まるい ヤングかん)

日暮熟睡男(ひぐらし ねるお)

戸塚 金次(とつか きんじ)

[その他、葛飾署メンバー] 

本田速人(ほんだ はやと)

ボルボ西郷(ボルボ さいごう)

小野小町 & 清正奈緒子  

屯田 五目須(とんだ ごめす)

擬宝珠纏(ぎぼし まとい)

左近寺 竜之介(さこんじ たつのすけ)

早乙女 リカ(さおとめ リカ)

法条 正義(ほうじょう まさよし)→ 凄苦 残念(すごく ざんねん)

後流悟 十三(ごるご じゅうぞう)

石頭 鉄岩(いしず てつお)

恵比須 海老茶(えびす えびちゃん)

[Kochikame Anime Holy Place]

Kochira Katsushika-ku Kameari Kōen-mae Hashutsujo | By Tokyo【Anime Holy Place】

Kochira Katsushika-ku Kameari Kōen-mae Hashutsujo ② | By Tokyo【Anime Holy Place】

コメント

タイトルとURLをコピーしました