鬼滅の刃 8話| 読むアニメ

読むアニメ

[あらすじ] 鬼滅の刃 | 読むアニメ

[あらすじ] 鬼滅の刃 | 読むアニメ

鬼滅の刃 7話| 読むアニメ

鬼滅の刃 7話| 読むアニメ

ストーリー

「あなた…どうしました?」
Dear, what’s the matter?

『やめろぉー!!』
Stop it!

「あなた!」
Dear!

『奥さん!こちらよりも自分の事を!傷口に布を当てて強く抑えてください!』
Ma’am!
You need to worry about yourself!
Please take a cloth and press down hard on the wound!

(大丈夫…きっとなんとかなる…奥さんの傷は致命傷じゃない)
It’s all right.
Somehow, it’s going to turn out fine.
{\an8}The wife’s wound isn’t fatal!

(きっと大丈夫だ!この人は誰も殺していない!さっきまでこの人はここを歩いていただけなのに…)
It’s going to be all right.
This man hasn’t killed anyone!
Just a second ago, this man was just walking down this street!

『大丈夫かい?見ちゃいけないよ。麗さん危険だ。向こうへ行こう』
Are you all right?
You mustn’t look.
It’s dangerous here, Rei-san.
Let’s move over there.

『くっ…!』

(くそ…くそ…!この人を放っては置けない…)
Dammit!
Dammit!
I can’t leave this man here!

『鬼舞辻無惨!!俺はお前を逃がさない!!』
Kibutsuji Muzan!
I’m not letting you get away!

『どこへ行こうと絶対に!!』
{\an8}No matter where you go!

『どうしたのかしらあの子…ねぇ月彦さん』
What’s the matter with that child?
What do you think, Tsukihiko-san?

『どこへ行こうと逃がさない!!地獄の果てまで追いかけて必ずお前の首に刃を振るう!!絶対にお前を許さない!!』
No matter where you go, you’re not getting away!
I’ll follow you to the ends of Hell, and I swear I’ll slice off your head with my blade!
I will absolutely never forgive you!

「貴様等!何をしている!」
What the hell are you doing?
Kid, step away from that man!

「少年!その男から離れろ!」
Kid, step away from that man!

『駄目だ!拘束具を持ってきてください!』
I can’t!
Bring some restraints please!
Please!

「いいから離れろ!」
Shut up and step away!

炭『やめてくれ…この人に誰も殺させたくないんだ!邪魔をしないでくれ!お願いだから!』
Please don’t do that!
No one can hold this person down but me!
I don’t want this person to kill anyone!
Just stay out of my way, will you?
I’m begging you!

警官「くそ…貴様これ以上抵抗するようなら…!」
Dammit! Look, you…
If you’re going to keep resisting…

『惑血・視覚夢幻の香』
Blood Bewitchment.
Aroma of Visual Fantasy.

(なんだ…この香りは…)
What’s this scent?

(何かの攻撃か!?だとしたらまずい!…匂いが濃くなってきた!)
Is this some kind of attack?
If it is, that means trouble!
Is the scent growing stronger?

『あなたは鬼となった者を人という言葉を使って下さるのですね』
You still use…
the term “person”…
to refer to even a transformed demon.

『そして助けようとしている。ならば私もあなたを手助けしましょう』
And you’re trying to save him.
Allow me, then, to lend you a hand.

『なぜですか…あなたは…あなたの匂いは…』
But why?
You…
Your scent tells me…

『そう…私は鬼ですが医者でもある。あの男…鬼舞辻を抹殺したいと思っている』
That’s right.
I am…
…a demon, but I am also a doctor, and I wish to annihilate that man, Kibutsuji.

『お父さんは来ないの?』
Aren’t you coming, Daddy?

『仕事があるんです。商談に行かなければなりません。さっきの騒ぎも気になります』
Daddy has work.
I have a business meeting to attend.
I’m also concerned about that disturbance just now.

『あなた…』
Dear…

『大丈夫です。警官に尋ねるだけですから』
Don’t worry.
I’m only going to speak with the police.

「兄貴~もう一杯行こ~」
Aniki, let’s hit one more bar!

「やっちゃん。大丈夫かい?」
Yacchan, are you okay?

「へーきへーき。俺はまだ酔っぱらって…」
I’m fine! I’m fine!
I’m not even drunk yet━━

「いてぇ!何だテメェ!」
What the hell, you bastard?

『…すみません』
Forgive me.

「おい待てよ!」
Hey, come back here!

『申し訳ありませんが急いでおりますので』
I’m very sorry, but I happen to be in a hurry, so…

「ああ~?なんだと?おい随分いい服着てやがるなお前。気に入らないぜ。青白い顔しやがってよぉ。今にも死にそうだな!」
What did you say?
Hey, look at you, decked out in those posh-looking threads!
You piss me off!
You and your pale face…
You look like you’re about to fall over dead!

「なんとか言えよ。死んじまったか?」
Hey, say something, will you?
Or did you just croak?

「やっちゃん!」
「弟に何しやがる!」
Yacchan!
What did you do to my kid brother?

「あんた!死んでるよ!やっちゃん息してない!」
He’s dead!
Yacchan’s not breathing!

「てめぇ!」
You bastard!

「ひっ…!」

『私の顔色は悪く見えるか?』
Does my complexion look unhealthy to you?

無惨『私の顔は青白いか?』
Is my face pale?

『病弱に見えるか?長く生きられないように見えるか?死にそうに見えるか?』
Do I look sickly to you?
Do I look like I’m not long for this world?
Do I look like I’m about to die?

『違う違う違う違う。私は限りなく完璧に近い生物だ』
Wrong, wrong, wrong, wrong.
I am a perfect creature infinitely close to perfection.

無惨『私の血を大量に与え続けるとどうなると思う?』
What do you think will happen if you receive a massive amount of my blood?

『人間の体は変貌の速度に耐え切れず』
The human body is unable to withstand such transformation speed.

『細胞が壊れる』
And its cells break down.

『耳に花札のような飾りを付けた鬼狩りの首を持ってこい。いいな?』
Bring me the head of the Demon Slayer who wears hanafuda-like earrings.
Understood?

『御意』
『仰せのままに』
As you wish.
Your wish is our command.

『あの耳飾り…!』
Those earrings…

『いいかよく聞け!!』
{\an8}Now, listen to me! Here’s the deal…

『俺はな!俺が言いたいのはな!金じゃねぇんだ!お前が俺のうどんを食わねぇって心づもりなのが許せねぇのさ!』
My point is this, okay?
It’s not about the money!
What I can’t forgive is your lack of intent to eat my udon, all right?

『すみません!もう一杯お願いします!』
I’m so sorry!
Please serve me another bowl!

『食うのか!』
So, you’re gonna eat it?

『はい!』
Yes!

『食うんだな!』

『食べます!』

『よーし!お前もだ!まずうどんを食べるならその竹を外せ!なんだその竹は!箸を持て箸を!』
Okay!
You, too!
If you’re gonna have udon, take off that bamboo thingie first!
What is that thing anyway?
Take these chopsticks! Chopsticks!

『うどんお願いします!2杯お願いします!』
I’d like a bowl of udon!
I’d like two bowls of udon!

『お…おう…』
R-Right.

『ごちそうさまでした!おいしかったです!』
Thank you very much for the meal!
That was delicious!

『わかりゃいいんだよわかりゃ!毎度あり!』
As long as you get it! It’s all good!
Thanks for your business!

『ごめんな禰豆子。置き去りにして…どうした禰豆子?』
Sorry about that, Nezuko.
Leaving you behind like that…
What’s wrong, Nezuko?

『待っててくれたんですか』
So, you’ve been waiting for us?

『お前を連れてくるようにあの方に言われたんでな』
Because I was told to bring you to see her.

『俺は匂いを辿れます』
I could’ve tracked you by scent.

『目くらましの術をかけてる場所にいるんだ。辿れるものか』
She’s in a place that’s under a cloaking spell.
No way could you find it.

『目くらまし…』
Cloaking?

『それより…鬼じゃないかその女は。しかも醜女だ』
Anyway…
Isn’t that woman a demon?
And an eyesore to boot.

(しこめ?醜女…?醜いってことか…?誰が?)
Eyesore?
Eyesore?
Does he mean “ugly”?
Who?

(…禰豆子!?)
Nezuko?

『醜女のはずないだろ!!よく見て見ろこの顔立ちを!!』
Who in their right mind would call her an eyesore?
Just take a good look at her features!

『町でも評判の美人だったぞ禰豆子は!!』
She was the beauty of our hometown! Our Nezuko!

『行くぞ』
Let’s go.

『いや行くけれども!醜女は違うだろ絶対!もう少し明るい所で見てくれ!ちょっと!あっちの!方で!』
Sure, we’ll go, but still…
No way is she an eyesore! Not on your life!
Take a look at her where there’s a bit more light!

『そうかわかった!この口枷だな!この口枷のせいかもしれない!』
Oh, I know what it is!
It’s this muzzle, right?
It might be because of this muzzle!

『これを外した禰豆子を一度見てもらいたい…え!?』
I’d like you to behold Nezuko without the muzzle!

『早く来い。誰もいないうちに』
Hurry it up.
While no one’s around.

『あ…』

炭『行き止まりの向こうに屋敷が!』
There’s a house behind the dead end!

『早く来い。あの方に失礼のないようにしろよ。俺はお前達などどうなったっていいんだ。それをあの方がどうしてもと言うから連れてきたんだ!』
Get over here!
Listen. Make sure you don’t offend that person in any way.
Personally, I couldn’t care less what happens to you.
But I brought you here because she insisted!

『あ…ああ…』
R-Right.

『ただいま戻りました』
I have returned.

『お帰りなさい』
Welcome back.

『先程はお任せしてしまいすみませんでした。その奥さんは?』
I’m sorry that I left you to take care of things just now.
How is the lady?

『この方は大丈夫ですよ。御主人は気の毒ですが拘束して地下牢に…』
She’ll be just fine.
Unfortunately, I have to keep her husband restrained in the basement.

『…人の怪我の手当てをして辛くないですか?』
Isn’t treating human wounds unbearable for you?

『うっ!』

『鬼の俺達は血肉の匂いに涎を垂らして耐えながら人間の治療をしているとでも?』
You think demons treat humans while choking back their own drool at the smell of blood?

『ごめん…』
Sorry.

『よしなさい。なぜ暴力を振るうの?名乗っていませんでしたね。私は珠世と申します。その子は愈史郎。仲良くしてやってくださいね』
Stop it. Why would you resort to violence?
I never introduced myself, did I?
My name is Tamayo.
That boy is Yushiro.
I hope that you’ll be his friend.

(無理だなこれは)
I don’t think that’s gonna happen.

『辛くはないですよ。普通の鬼よりかなり楽かと思います。私は私の体を随分いじっていますから。鬼舞辻の呪いも外してあります』
It’s not unbearable, you know.
I believe it’s much easier for me than for normal demons.
Because I’ve tweaked my body considerably.
I’ve also removed Kibutsuji’s curse.

『こちらへ』
Come this way.

炭『あ!禰豆子行儀悪いぞ!』
Hey, Nezuko, that’s bad manners!

珠世『構いませんよ。楽にしてください』
That’s quite all right.
Please make yourselves at home.

炭『すみません…』
Sorry.

珠世『では先程の続きですが私達は人を喰らうことなく暮らしていけるようにしました。人の血を少量飲むだけで事足りる』
Now then, allow me to continue.
I adjusted our bodies so that we can live without devouring humans.
A small amount of human blood is all we need.

『血を!?それは…』
Blood?
You mean…

『不快に思われるかもしれませんが金銭に余裕のない方から輸血と称して血を買っています。もちろん彼らの体に支障が出ない量です』
You may find it distasteful, but what I do is buy blood under the guise of transfusions from those unable to make ends meet.
Of course, not so much that it would impair them.

(そうか…この人達から鬼特有の異臭がしない理由はそれなんだ。でもやっぱり人の血は必要…血だけなら…禰豆子にも!)
I see.
So, that’s why I’m not picking up that strange scent unique to demons from these two.
But they do need human blood after all.
If blood is all they need, then Nezuko…

『愈史郎はもっと少量の血で足ります。この子は私が鬼にしました』
Yushiro can get by with even less blood.
I’m the one who turned him into a demon.


『え!?あなたがですか!?でも…え!?』
You did that?
But…

『そうですね。鬼舞辻以外は鬼を増やすことはできないとされている。それはおおむね正しいです。200年以上かかって鬼にできたのは愈史郎ただ一人ですから…』
You’re right.
It’s generally held that no one but Kibutsuji can reproduce demons.
That’s more or less accurate.
After more than 200 years, I was only able to transform Yushiro into a demon after all.

『200年…?珠世さんは何歳ですかー!?』
Two…
Two hundred years…
You were only able to transform Yushiro after more than 200 years?
Exactly how old are you, Tamayo-san?

『女性に歳を聞くな無礼者ー!』
Don’t ask a lady her age, you uncouth ruffian!

『愈史郎。次にその子を殴ったら許しませんよ』
Yushiro!
The next time you hit that boy, I’ll make you regret it!

『はい!』
Yes, ma’am!

(怒った顔も美しい~)
She’s beautiful even when she’s angry!

『一つ…誤解をしないでほしいのですが私は鬼を増やそうとはしてません。不治の病や怪我などを負って余命幾何もない人にしかその処置はしません。その時は必ず本人に鬼となっても生き延びたいか尋ねてからします』
There’s one thing I’d like to clear up with you.
I’m not trying to create more demons.
I only perform the procedure on the terminally ill or those so gravely injured that they don’t have long to live.
And in those cases, I always ask them beforehand if they wish to live on even as demons.

(嘘偽りのない清らかな匂いがする…この人は信用できる…)
\he scent she’s giving off is pure and devoid of deception.
She’s someone I can trust.

『珠世さん…鬼になってしまった人を人に戻す方法はありますか!?』
Tamayo-san, is there a way to turn a formerly human demon back into a human?

『見えるかい?』
See anything?

『見える…見えるぞ足跡が』
I can see.
I can see footprints.

『これじゃこれじゃ』
This is it. This is it.

『あちらをぐるりと大回りしている。3人になっておる。何か大きな箱も持っておる』
Making a huge turn over there.
There are three of them.
And one’s carrying some kind of big box.

『どうやって殺そうかのう。ククク。力がみなぎる。あのお方に血を分けていただいたおかげじゃ』
How should we kill them, I wonder.
I can feel power flowing through me.
Because of all the blood he shared with me.

『それはもう残酷に殺してやろうぞ』
Of course we’re going to slaughter them cruelly.

珠世『鬼を人に戻す方法は…あります』
There is a way to turn a demon…
back into a human.

『教えて下さい!』
Please tell me how!

『寄ろうとするな!珠世さんに~!』
Don’t you dare get so close to Tamayo-sama!

『愈史郎』
Yushiro…

『投げたのです珠代様!殴っていません!』
I only threw him, Tamayo-sama.
I did not hit him.

『どちらも駄目です』
You mustn’t do either.

『はい!』
Yes, ma’am!

『どんな傷にも病にも必ず薬や治療法があるのです。今の時点で鬼を人に戻すことはできませんがそれもきっと…ですが私達は必ずその治療法を確立させたいと思っています』
For any kind of wound, there’s always some kind of medicine or treatment.
At this time, I’m unable to turn a demon back into a human, but surely, that, too…
However, we are dedicated to establishing such a method of treatment.

『そのためにあなたにお願いしたいことがあります。治療薬を作るためにはたくさんの鬼の血を調べる必要があります。あなたにお願いしたいことは二つ。一つ、妹さんの血を調べさせてほしい。二つ、できる限り鬼舞辻の血が濃い鬼からも血液を採取してきてほしい』
Towards that end, I’d like to ask you to do something for me.
To produce such an medicine, it is necessary to study the blood of numerous demons.
I have two favors to ask of you.
One, permission to study your sister’s blood.
Two, to retrieve blood samples from demons as closely related to Kibutsuji as possible.

『禰豆子さんは今極めて稀で特殊な状態です。2年間眠り続けたとのお話でしたがおそらくその際に体が変化している』
Nezuko’s current condition is extremely rare and unique.
I understand that she was asleep for two straight years, and I believe that her body underwent changes during that time.

『通常それほど長い間人の血肉や獣の肉を口にできなければまず間違いなく凶暴化します』
Normally, any demon who went that long without consuming the flesh or blood of a human or beast would unquestionably go berserk.

(珠世様は今日も美しい!きっと明日も美しいぞ!)
Tamayo-sama is beautiful today, too!
I’m sure she’ll be beautiful again tomorrow!

『しかし驚くべきことに禰豆子さんにはその症状がない。この奇跡は今後の鍵となるでしょう』
And yet, surprisingly, Nezuko shows none of those symptoms.
This miracle will be the key to finding a solution.

『もう一つの願いは過酷なものとなる…鬼舞辻の血が濃い鬼とはすなわち鬼舞辻により強い力を持つ鬼ということです。そのような鬼から血を取るのは容易な事ではありません。それでもあなたはこの願いを聞いてくださいますか?』
The other request I have for you is a harsh one.
By “demons closely related to Kibutsuji,” I meant demons who have received a massive amount of power from Kibutsuji.
It won’t be easy to extract blood from such demons.
Are you still willing to go along with my requests?

『それ以外に道がなければ俺はやります。珠世さんがたくさんの鬼の血を調べて薬を作ってくれるなら…そうすれば禰豆子だけじゃなくもっとたくさんの人が助かりますよね!』
If there’s no other way, then I’ll do it.
If it means you’re going to research all these demons’ blood and create this medicine…
If that happens, that means it won’t just be Nezuko.
Lots of other people will be saved, too, right?

『そうね…』
That’s right.

愈史郎『伏せろ!』
Get down!

『殺し方は決まったか?』
Did you decide how to kill them?

『残酷に、だろう?』
Cruelly, of course!

『今日はいきなり大正こそこそ噂話。愈史郎様は珠世様日記をつけるのが趣味。1日で7枚から10枚くらい書いているらしいですよ』
I’m starting with the Taishou secret today!
Yushiro’s hobby is to write in his Tamayo-sama journal.
I hear that he churns out seven to ten pages a day.

『その日記を見つけてしまった。少し呼んでみようか。なになに…「1月10日。今日も珠世様は儚げで美しい。17時10分。俺の名を呼んでくれた。二度も。そのお声が美しい」』
And now, I’ve found that very journal.
Let’s take a peek, huh?
Let’s see.
“January 10. Tamayo-sama was ethereal and gorgeous again today.
At 17:10, she called my name.
Twice, no less!
Her voice was beautiful.

『「17時29分。珠世様が考え事をしていて段差に躓いた時に…」次回第9話!手毬鬼と矢印鬼。これは見なかったことにしよう…』
At 17:29, when Tamayo-sama, deep in thought, slipped on the step…”
Next, Episode 9, “Temari Demon and Arrow Demon”!
Let’s pretend we never saw this.

コメント

タイトルとURLをコピーしました