鬼滅の刃 7話| 読むアニメ

読むアニメ

[あらすじ] 鬼滅の刃 | 読むアニメ

[あらすじ] 鬼滅の刃

鬼滅の刃 6話| 読むアニメ

鬼滅の刃 5話

ストーリー

炭『禰豆子!深追いするな!こっちへ戻れ!』
Don’t chase after him!
Get back here!

炭(鱗滝さんは言ってた…禰豆子は今鬼だと。必ずしも自分が守らねばならないほど弱いわけではないと…)
Urokodaki-san did tell me…
that Nezuko is a demon now.
And that she’s not necessarily so weakthat I have to protect her.

炭(いいのか…?任せても…二人を守ってくれれば攻撃に専念できる)
Is it all right to let her handle this?
If I have her watch over those two,I can focus on my attacks.

『…禰豆子!俺は下に行く!二人を守ってくれ!』
Nezuko!
I’m going underground!
I want you to protect those two!

『できるな?』
You can do that, right?

炭(沼の中…)
Inside a swamp…

(そしてこれは…攫われた人達の着物や持ち物か?)
And these are…
Are these the clothes and belongingsof the people who were kidnapped?

(何の罪もない人達をこんなにも殺した…許せない…許せない!)
Just look at all the innocent peoplethey’ve murdered!
It’s unforgivable!
Unforgivable!

『ハハハハ。苦しいか小僧?この沼の中にはほとんど空気もない。さらにこの沼の闇は体にまとわりついて重いだろ』
Getting hard to breathe, brat?
There’s hardly any air inside this swamp.
On top of that, the darkness coilingaround your body must feel pretty heavy.

『地上のようには動けんのだ!ざまぁみろ!浅はかに自ら飛び込んできた愚か者が!』
You can’t move the way you wouldaboveground! Serves you right!
You should’ve lookedbefore you leaped in, you damn fool!

炭(ナメるなよ…俺が一体どこで鍛錬したと思ってるんだ)
Don’t underestimate me!
Just where do you thinkI got my training anyway?

炭(狭霧山の頂上はもっと空気が薄かった!)
The air was thinner on top of Mt. Sagiri!

(さらに…水の中でこそ力を発揮する技がある!)
Not to mention…
there are moves that only unleashtheir full potential underwater!

(沼の中でこんな角度の動きができるのか!?でも関係ない…攻撃のために接近した所を斬るだけだ!)
So, they can move at angleslike that inside this swamp?
But it doesn’t matter!
All I have to do is slashwhen they get near enough to attack!

(足場のない不安定なこの場所でも使える型…上半身と下半身の激しいねじりで強い稼働を発生させる!)
The form that can be utilizedeven when there’s no sure footing…
Generating a powerful vortex
with a violent twistof my upper and lower body!

(匂いが来た!隙の糸!全集中!水の呼吸!)
Here comes the scent!
The line of interval!
Full Focus!
Breath of Water!

(陸の型・ねじれ渦!)
Sixth Form!
Twisting Whirlpool!

(苦しい…!早く上へ!禰豆子!)
I can’t breathe!
I gotta get out of here!
Nezuko!

沼の鬼(この女強い!)
This girl is powerful!

(まだ何の異能も使えないようだがそれでもこの強さだ…)
She doesn’t seem to have masteredany morphing skills yet,
but look how strong she is anyway!

沼の鬼(この女おそらく分けられた血の量が多いんだ!)
She must have gottena huge amount of blood from him!

(女の動きが速すぎて沼に潜れない!)
She moves so fast!I can’t dive back into the swamp!

(だが…単調な攻撃に慣れてきたぞ!)
But hey,
I’m getting usedto these one-note attacks of hers!

(伸びるほど首を蹴られても内臓を破裂させられようと鬼はすぐに回復できるんだ!)
Even if she kicks my head clean off…
Even if my internal organs explode,
demons can regenerate in a flash!

(よし!そのツラに風穴開けてやらぁー!)
All right!
Now I’m gonna drill a holeright through your face!

『妹に触るな!』
Hands off my sister!

沼の鬼(やられたのか!?こいつに俺が!二人ともやられた!?)
Did I just get taken out?
Both of my other selvesgot taken out by this guy!

『お前達は腐った油のような匂いがする…酷い悪臭だ。一体どれだけの人を殺した!』
You give off a scent like rotten oil.
It’s a horrible smell!
How many people have you killed?

『女共はなぁ!あれ以上生きてると醜く不味くなるんだよ!だから喰ってやったんだぁー!!』
Listen!
If women live any longer,they turn ugly and start tasting like crap!
So, we killed them for their own good!

『俺達鬼に感謝…』
You should be thankful to us demons

『もういい…鬼舞辻無惨について知ってる事を話してもらう』
Never mind.
You’re going to tell mewhat you know about Muzan Kibutsuji.

『ひっ!』

『話してもらおう…話せ!』
Talk to me!
Start talking!

『言えない…』
I-I can’t tell you.

沼の鬼『言えない…』
I can’t tell you!

沼の鬼『言えない…』
I can’t tell you!

無惨『喋ってはいけない』
You mustn’t tell.

『私の事は誰にも喋ってはいけない』
You mustn’t tell anyone about me.

『喋ったらすぐにわかる。私は君をいつも見ている』
If you do tell anyone,I’ll know right away.
I’m always watching you.

『言えない…言えない!言えない!言えない!』
I can’t tell you!
I can’t tell you!
I can’t tell you! I can’t tell you!I can’t tell you!

(骨の奥まで震えるような恐怖の匂い…)
The smell of fear is strong.
He’s tremblingall the way down to his bones!

『言えないんだよぉー!!』
I can’t tell you, all right?

(ああ…また…何も聞き出せない…)
Once again, I failedto get any information.

『禰豆子!!』
Nezuko!

『寝てる…血も止まってる。回復するための眠りか…』
She’s asleep.
She stopped bleeding, too.
So, she’s sleeping in order to recover?

『ごめん…ごめんな…もう少し待ってくれ…兄ちゃんがきっと人間に戻してやるからな…』
Sorry. I’m so sorry.
Wait just a little longer, okay?
I promise to turn youback into a human again!

『和巳さん。大丈夫ですか?』
Kazumi-san?
Are you all right?

『婚約者を失って…大丈夫だと思うか…?』
I’ve lost my fianc
How can I be all right?

『…和巳さん。失っても、失っても、生きていくしかないんです。どんなに打ちのめされようと…』
Kazumi-san…
No matter how many peopleyou may lose,
you have no choice but to go on living.
No matter how devastatingthe blows may be.

『お前に何が分かるんだ!!お前みたいな子供に!!』
What do you know about it?
A kid like you?

『俺はもう行きます。これを。この中に里子さんの持ち物があるといいのですが』
I’ll be on my way now.
Take this.
I hope you’ll find somethingof Satoko-san’s in there.

(!君も同じだったのか…?そうなのか…?)
So, you went through the same thing, too?
Is that it?

和巳『す…すまない!酷い事を言った!どうか許してくれ…すまなかった…!』
I…
I’m sorry!
That was an awful thing to say!
Please forgive me!
I’m so sorry!

(痛ましい手…固く鍛え抜かれ分厚い…少年の手ではなかった)
Those heartbreaking pair of hands.
That tough and strong thickness.
Those weren’t a boy’s hands.

『その女性の方、お願いします!』
I’m leaving that young womanin your hands!

『わかった!わかった…』
All right!
All right!

(俺だけじゃない…どれだけの人を殺し痛めつけ苦しめた。鬼舞辻無惨…俺はお前を絶対に許さない!)
It’s not just me.
How many people have you killed,tortured and tormented?
Kibutsuji Muzan,
I’ll never forgive you as long as I live!

『あ…』

『次は東京府・浅草!鬼が潜んでいるとの噂あり!カァー!』
Next up, Asakusa, Tokyo!
Rumors of a demon lurking there!

『え!もう次行くのか!?』
I’m heading to my next mission already?

『行くのよー』
Oh yes, you are!

(町はこんなに発展しているのか…夜なのに明るい!)
Are the cities this advanced now?It’s nighttime, but it’s so bright out!

(建物高!何だあれ!?都会って…都会って…)
The buildings are so tall!
What is this?
The cities…
The cities…

『眩暈がする…』
I feel dizzy.

『あ…あっち行こう禰豆子!』
Uh, let’s go that way, Nezuko!

『わ!し…失礼しました!』
I-I beg your pardon!

『すみません…山かけうどんください…』
Excuse me.
A bowl of udonwith grated yam on top please.

「あ…あいよ」
Uh, sure thing!

『こんな所初めて来た…人が多すぎる…』
I’ve never been to a place like this.
It’s way too crowded.

「山かけうどん一丁できあがり」
Here’s your udon with grated yam on top!

『ありがとうございます』
Thank you very much.

『!』

(この匂い…どうして突然こんなところで!?家に残っていた匂いだ…)
This scent!
Why would it appear here all of a sudden?
It’s the same scentthat was left in my house!

(鬼舞辻無惨!)
Kibutsuji Muzan!

(こいつが!匂いの!)
Is this the guy giving off that scent?

『ん?』

(こいつが…!)
It’s him!

『お父さん!』
Daddy?

『!』

『だぁれ?』
Who’s that?

(こいつ…こいつ…こいつ…!人間のフリをして暮らしているんだ!)
He’s…
He’s…
He’s…
He’s living here,pretending to be a human!

『私に何か用ですか?随分慌てていらっしゃるようですね』
Is there something I can do for you?
You seem to be quite flustered.

『あら?どうしたの?』
Oh my. What’s going on?

『お母さん!』
Mother!

(人間だ…)
They’re humans!

炭(女の子と女の人は人間の匂いだ…知らないのか…?わからないのか…?こいつが鬼だって…人を喰うって…!)
The girl and the woman…
Their scent is human!
Don’t you know?
Can’t you tell?
That this guy is a demon?
That he devours humans?

『お知り合い?』
Do you know him?

『いいや。困ったことに少しも知らない子ですよ』
No.
Much to my consternation,
I’ve never seen this child before.

『人違いではないでしょうか?』
He must have mistaken mefor someone else.

『まぁ。そうなの?』
Oh, you think so?

『あ…!』

「あなた?どうしました?」
Dear, what’s the matter?

「キャー!!」

『ついに鬼舞辻無惨を見つけた!こいつを倒せば禰豆子を人間に!』
I’ve finally tracked down Kibutsuji Muzan!
If I can bring him down,then Nezuko can be human again!

『んー!』

『それにしても浅草の人達はおしゃれな格好をしていたなぁ。禰豆子も似合いそうだな』
Still, everyone in Asakusasure is stylish, huh?
I bet you’d look greatin an outfit like that!

『その間に大正こそこそ噂話。うどん屋の豊さんは浅草生まれ浅草育ち。浅草を愛しているので浅草でうどんを作っている、らしいですよ』
Now, it’s time for a Taishou secret!
Yutaka from the udon shopwas born and raised in Asakusa.
He makes udon in Asakusabecause he loves Asakusa so much, I hear.

『んー』

『スーツかー。ちょっと大人になった気がするな』
A suit, huh?
Now I feel kind of grown-up!

『わ!任務に戻らないと!次回第8話、幻惑は血の香り』
I’d better get back to my mission!
Next, Episode 8,”Bewitching Fragrance of Blood”!

コメント

タイトルとURLをコピーしました